桜が開花!絶景の阿武隈急行線スタンプ旅編
私のスタンプの旅 〜押して広がる小さな風景画〜桜が開花!絶景の阿武隈急行線スタンプ旅編 






  
4月5日。阿武隈急行線のスタンプ集めに今回出かけました。
追伸 一部諸事情、道路状況によりPA、SA、駅を飛ばしている所がありますのでご了承下さい。





角田駅は、3年前に押しているので飛ばして、常磐道 新地ICを降りて丸森駅へ向かいます。




丸森駅舎


















丸森駅に到着しました。阿武隈ライン舟下りで有名です。
スタンプが3個もあったので、楽しかったです。
図柄は、阿武隈ライン舟下りと水と緑の輝くまちです。
駅には、売店のおじさんが飼っている三毛猫がいました。










一匹は駅内の籠の中、もう一匹は駅横の満開の桜の下に。
この癒しの”駅ねこ”の名前は「まるちゃん」「もりちゃん」だそうです。
丸森町では昔から“猫"を大事にしていて、「猫神」様として祀っています。

売店のおじさんが言うには特に三毛猫が開運だそうです。



mikenekodoki家の猫神様・三毛猫:花子



ここでは震災からの復興を記念して作られた「硬券のセット」を購入します。



丸森駅の駅員さんは優しい人で発売しているのを教えてくれました。








阿武隈ライン舟下り乗りばに到着。図柄は阿武隈橋と阿武隈川と舟でした。
それでは、次は梁川駅へ向かいます。








丸森駅から梁川駅間は、景色が絶景で景色を楽しんでいたら、
20kmの道のりもあっという間に着きました。


















梁川駅に到着しました。スタンプの数は、4個。図柄は、伊達氏のふるさととミニSLでした。
梁川の町は、栄えていてビックリしました。
ホームで電車を撮影したりするので、入場券とは別に今日発売の「一日フリー乗車券」を購入します。
これがあればどの駅に行っても、出入りは自由だし、毎月第一日曜日しか発売されないので、旅の思い出になります。
それでは、次は保原駅へ向かいます。







保原駅の駅名板は桃の産地の福島らしいデザインでした。















保原駅に到着しました。スタンプの数は、4つ。図柄は、桃の里でした。
ここでは入場券と「25周年記念キーホルダー」を購入します。
それでは、次は、福島駅へ向かいます。


















福島駅に到着しました。さっそく4個のスタンプを押しました。
この駅は、阿武隈急行線と福島交通が共同している駅です。
図柄は、いで湯と果物の里でした。







福島駅は、JRもあるのでJR福島駅のスタンプも押していく事にしました。









JR福島駅の記念スタンプの図柄は、歓迎で東北新幹線と山形新幹線が描かれていました。




















この駅は、観光案内所もあったので、観光スタンプを押しました。
時間が余ったので飯坂電車とJR伊達駅、JR桑折駅、JR藤田駅を押して帰る事にしました。








スタンプの図柄にもなっている桜水駅舎。





飯坂電車 桜水駅に到着しました。図柄は、駅舎でした。
この駅は、飯坂電車の車両基地がある大きい駅です。
それでは、次は飯坂温泉駅へ向かいます。









飯坂温泉駅舎のホームは入口より下に降りた場所にあります。






飯坂電車 飯坂温泉駅に到着しました。図柄は、駅舎です。
駅舎が新しくなり立派な建物でした。
それでは、観光案内所にも足を運びます。


















































飯坂温泉駅前の観光案内所に立ち寄ると
なんとそこには16個のスタンプが置いてありました!
「ここはスタンプの宝庫だ!!」と心の中で叫んでいました(笑)。
それでは、JR伊達駅へ向かいます。








伊達駅舎は新幹線高架の下にあります。





JR伊達駅に到着しました。図柄は、駅舎でした。建物が風情のある駅でした。
それでは、JR桑折駅へ向かいます。












JR桑折駅に到着しました。図柄は、駅舎でした。
それでは、JR藤田駅へ向かいます。











JR藤田駅に到着しました。図柄は、駅舎でした。
それでは、国見ICから乗り、菅生PAに寄って帰ります。











東北道の菅生PAに到着しました。図柄は、伊達 政宗です。
宮城県で1番有名な歴史人物です。









菅生PAの下り線には伊達政宗の兜の三日月が描かれています。





以上で「桜が開花!絶景の阿武隈急行線スタンプ旅編」は終わりです。この他の作品もぜひご覧下さい。
「関西朝大雪だったけど夜まで待ったので無事仙台に帰れた編」を見たい方は下の「BACK」を押して下さい。
それ以外の作品を見る場合は、下の「INDEX」を押してお選びになりご覧下さい。
ホームに戻る場合は下の「HOME」を押して下さい。




BACKへ

INDEXへ

HOMEへ