両毛線の駅スタンプ-スタンプ道

両毛線の駅スタンプ




両毛線 足利駅



両毛線は、小山駅から新前橋駅までを結ぶ全84.4kmの路線です。
ほとんどの列車が高崎駅まで乗り入れます。
沿線には日本最古の足利学校など歴史で有名な建物があります。
両毛線の列車は、今では珍しい手で開けるドアの列車があります。

                                                                                                                                       
小山駅 栃木駅
おやま とちぎ
2013年2月10日押印 2013年2月9日押印
佐野駅 富田駅
さの とみた
2013年2月10日押印 2013年2月10日押印
足利駅1 足利駅2
あしかが あしかが
2013年2月10日押印 2013年2月10日押印
山前駅 桐生駅
やままえ きりゅう
2013年2月10日押印 2013年2月10日押印
岩宿駅 国定駅
いわじゅく くにさだ
2013年2月10日押印 2013年2月10日押印
伊勢崎駅 駒形駅
いせざき こまがた
2013年2月10日押印 2013年2月10日押印
前橋大島駅 前橋駅
まえばしおおしま まえばし
2013年2月10日押印 2013年2月10日押印
新前橋駅 高崎駅
しんまえばし たかさき
2013年2月10日押印 2014年3月21日押印


JR東日本高崎支社は昔から駅スタンプに力をいれているそうです。
両毛線は期待通り、直径80mmの大判で、全てスタンプ台の要らない、シャチハタでした。

高崎駅は1回目では旅の時間が無くなって押せず、約1年後にやっと押すことができました。





水戸線の駅スタンプ



水戸線は、小山駅から友部駅までを結ぶ全50.2kmの路線です。
水戸線は東北本線と常磐線を連絡する路線です。
小山駅付近にデットセクションがあるため一部の列車は車内の電気が消えます。
デットセクションのある理由は、東北本線は直流、水戸線は交流だからです。

                
結城駅 下館駅
ゆうき しもだて
2013年2月9日押印 2013年2月9日押印


上毛電気鉄道の駅スタンプ




上毛電気鉄道の車両 西桐生駅で撮影



上毛電気鉄道は、中央前橋駅から西桐生駅までを結ぶ全25.4kmの路線です。
この鉄道の車両は以前は京王井の頭線で活躍していた車両を使用しています。
この鉄道の特徴は、駅や橋などの登録有形文化財に指定されている所が多い事が特徴です。
そのため、鉄道ファンに人気の路線です。
また、車内に自転車の持ち込みが可能で買い物などに便利な路線です。

                                                  
中央前橋駅1 中央前橋駅2
ちゅうおうまえばし ちゅうおうまえばし
2013年2月10日押印 2013年2月10日押印
西桐生駅1 西桐生駅2
にしきりゅう にしきりゅう
2013年2月10日押印 2013年2月10日押印
西桐生駅3 西桐生駅4
にしきりゅう にしきりゅう
2013年2月10日押印 2013年2月10日押印




わたらせ渓谷鐡道の駅スタンプ





旅の思い出に入場券は必ず買います。
特に地方の鉄道は「硬券」が多くて楽しいです。
だけど子供で買うと、右の斜めの線の所からハサミで切られて販売されます。
そこで、この頃は小学生でも大人で買うことにしていました。


わたらせ渓谷鐡道は、桐生駅から間藤駅までを結ぶ全44.1kmの路線です。
足尾鉱山の客貸輸送に使っていた国鉄足尾線を平成元年に第3セクターになった路線です。
この鉄道は、4月から11月の土日を中心にトロッコ列車が走っています。
途中の水沼駅には、駅では珍しい、駅舎の中に温泉があり人気です。

                
相老駅
あいおい
2013年2月10日押印

わたらせ渓谷鐡道の駅スタンプは直径80mmで、絵柄も凝っていて素晴らしいです。

ここでは上の入場券以外に記念のセットになった入場券も買うことができました。


※駅スタンプの押印可能時間、設置場所、図柄の説明などの詳しい情報は駅スタンプドットコムさん
のサイト内にある「現役駅スタンプ情報」を参考にして下さい。
我が家もこのサイトの情報でスタンプ収集の旅をしています。




INDEXへ駅スタンプ目次

INDEXへホーム